諦めないで!舞台化粧もポイントを押さえると肌荒れが解消できます!

舞台化粧の下にはきれいな素肌~その秘密はスキンケアに~

舞台に立つ女性必見~プロに聞くお肌のケア方法~

劇団員をしている人など舞台に立つ人は舞台化粧をすることが多いです。舞台化粧は遠くからでも顔がはっきり見えるように一般的な化粧よりも濃いことが特徴ですが、演劇において大きな意味を持っています。

表舞台に立つ人にとって化粧は大切な役作り

女性の唇

舞台化粧というのは演じる役によって化粧方法を変化させます。肌の色の他に、元気なのか顔色が悪いのか、その他体型に合わせて化粧も変えていきます。役に合わせて化粧を変えることは、お客さんにどんな役なのか伝えられるという効果の他に、どんな役なのか考えながら役者自身が化粧を施すことで役に入り込めるという効果があります。

舞台化粧の多くに使用されている油性ドーラン

舞台化粧で使用される化粧品の1つに「ドーラン」というおしろいがあります。水性のものもありますが、舞台で使用する際には主に油性のものを使用します。油性のドーランを使用すると光を吸収しやすくなるため、強い照明を当てても顔立ちがはっきり見えるのです。そうすることで遠くの席からでも役者の顔が良く見えるようになりますし、顔の凹凸をカバーする力も強いためテレビなどで近くから写された場合も肌を滑らかに見せることが可能です。

舞台人で肌荒れに悩んでいる人は多い~肌荒れの悩み~

職業病のようなものですが…(33歳/女性)

10年以上劇団員を続けています。夢を掴んだ今の生活に満足しているのですが、舞台化粧をしているためか肌荒れが酷いのが悩みです。こうした職業をしている以上仕方のないことではありますが、肌に優しいスキンケア用品を使用してもなかなか改善しません。舞台化粧をするとカバーされますが、人前にすっぴんで出られなくなりました。

よく見られるドーランや舞台化粧によって肌荒れを引き起こすケース

ドーランは油性という特徴から皮膚呼吸を妨げてしまうため、一般的な化粧よりも肌への負担が大きくなります。短時間なら肌への負担も軽減できますが、舞台をしていると長時間落とせないことも多く、その分肌荒れが起こりやすくなります。また、毛穴に入り込んだドーランなどの舞台化粧は落ちにくいという特徴を持っているため、洗顔をしたはずが汚れが毛穴に残り、ニキビや吹き出物の原因になることも少なくありません。

同業者に聞いてみる~お肌ケアの体験レポート~

舞台化粧をする人の中にも、スキンケアを工夫することできれいな肌を保つ人たちがいます。体験レポートを見ていきましょう。

バレエダンサーA子さんの場合

濃いメイクでも擦らず落とせます(30代/女性)

肌ナチュールは濃い舞台化粧をしていてもくるくるとなじませるだけでしっかり汚れを浮かせてくれるので、肌トラブルが起きにくくなりました。水で洗い流す他にも、拭き取るだけできれいに落ちるのが嬉しいです。本番後は洗面所が混雑しちゃうんですが、肌ナチュールがあると並ばなくて済むのですぐに帰れます。

舞妓さんCさんの場合

おしろいを使うと乾燥しやすいです(30代/女性)

スキンケアで大切にしているのは化粧汚れを残さないということです。すすぐ回数を多くすることも効果的ですが、肌ナチュールのようにしっかり落ちるクレンジング剤を使うことがポイントですね。また、肌ナチュールの嬉しいところは保湿効果が高いところです。おしろいをつけると乾燥しやすくなるのでしかりとした保湿が特に重要になります。

大手劇団所属 Dさんの場合

バッチリメイクはしっかり落として(36歳/女性)

舞台化粧というのはどうしても肌に負担がかかってしまうので、舞台を続けながら肌をきれいにするためには化粧をしっかり落とすことが大切です。肌ナチュールだと濃い舞台化粧でもしっかり落としてくれるからいいですね。後は、シャワーで洗顔しないというのも重要です。シャワーの刺激は顔の筋肉が下がる原因になるんです。

舞台女優がこよなく愛する「肌ナチュール」の情報はこちら

舞台で活躍している女優の多くがこぞって使用している肌ナチュールがこちら。選ばれている理由と肌をやさしくいたわってくれるヒミツが分かりますよ。

人付き合いの多い舞台人だからこそ生活習慣には気をつけて

メイクする人

舞台化粧は確かに肌荒れの大きな原因の1つですが、他にも様々なことが肌荒れを引き起こしてしまいます。特に舞台人の場合は食生活や生活リズムが一般の人よりも乱れがちです。肌のためにも生活習慣を見直しましょう。

舞台化粧以外で肌が荒れる原因

食生活の乱れ
舞台人の場合、劇団の仲間やお世話になった人々との付き合いで外食することも多いです。そうすると脂質や塩分、糖分の摂取量も多くなってしまいニキビができやすくなりますし、ビタミンなどの栄養素が不足がちになります。
睡眠不足
舞台人は稽古などを夜遅くまで行なうことも多く、睡眠不足になっている人も少なくありません。睡眠不足になると、自律神経のバランスが乱れや肌を整えるホルモンが分泌されなくなるため、ニキビなど肌荒れが起こりやすいです。
ストレス
舞台に立つということはどんな役であれ緊張しやすく、ストレスを抱えることが多いです。ストレスを感じると自律神経が弱まるため、血行が悪くなり肌を健康に保つための栄養が行き渡らなくなります。

人前に立つ者として肌のケアも仕事の内です

舞台化粧をするとある程度肌荒れを隠すことができますが、素肌がきれいであるに越したことはありません。人前に立つ以上仕事の一環として肌ケアもきちんと行ないましょう。乾燥やシミ、紫外線対策なども欠かせません。劇団員をしていると収入が少ないかもしれませんが、肌ケアはお金をかけてでもきちんと行ってください。

正しいスキンケア

健康な肌を保つための大切な働きをするNMFというものがあります。これは角質層に潤いをもたらす働きをしていますが、栄養不足など様々な原因で生成されなくなります。NMFが低下すると肌が乾燥し、肌荒れが引き起こされてしまうのです。正しいスキンケアを行い、乾燥してしまった肌へ潤いを与え、肌トラブルを解消しましょう。

TOPボタン